まるで体のレッスンを受けているようです

お客様写真
アンケート用紙

「めちゃめちゃ調子いいですね!」とお言葉を先生からかけていただいたのは、施術を始めてちょうど2ヶ月目にあたる施術日。出口の見えない長いトンネルをついに抜けることができたと実感したのでした

調子を崩し始めたのは2017年12月頃からでした。ヴォイスチェンジの中音域が出にくくなり始めていたもののこれくらいならそのうち治るだろうと甘く考えていました。しかしこれまでなら1~2週間もすれば戻っていた調子が治るどころか次第に悪くなっていきました。

耳鼻咽喉科を受診したところ声帯が充血しているとのこと、薬の使用を始めました。薬のおかげで声が出はしたものの、その声は実体感がなく虚しいものでした投薬期間が過ぎても状況は変わらず、ついに3月からすべての仕事をお休みさせていただくことになりました。7月初旬のコンサートで代役が立てられず、どんな状態であれ歌わなければなりませんでした。

そんな時、はりきゅうルーム岳のことをお聞きしました。ご紹介くださったソプラノ歌手の方も先生に助けていただいたとのこと。

手や足など声帯周りからは遠いところに鍼を打っては声を出し、コンディションの変化を確認されます

先生がその日の施術の内容をきちんとお話ししてくださるのもとても勉強になります。施術に伺っているのですが、まるで体のレッスンを受けているようです。薄皮をはぐように毎回の施術で声のコンディションが良くなっていきました。

そして迎えた7月初旬の本番では出演者の仲間たちも「心配ないじゃない」と太鼓判で、4ヶ月振りの本番を無事歌い終えることができました。

その後の施術でさらに声の伸びと安定を得て「めちゃめちゃ調子いいですね」とのお言葉をいただくことになったのです

心身ともに回復させていただき、感謝の気持ちでいっぱいです。

埼玉県在住 アルト歌手 小川 明子さま

※お客様の感想であり、効果効能を保証するものではありません。

同じ症状でお悩みのお客さまの声

喉とはまったく関係ない所に鍼を打つのに、高音が楽に出るようになった お客様写真
私と同業で「上咽頭炎」を抱えている方に是非「はりきゅうルーム岳」をお伝えしたいと思います お客様写真
喉とはかけ離れた箇所に数本鍼を打つだけで、ドンドン声の調子が良くなります お客様写真