帯状疱疹と顔面神経麻痺で通院してから約1ヶ月、私はほぼ日常生活と笑顔を取り戻しました

お客様写真

耳は赤紫色になって腫れ上り、触ることもできない程の痛み。
舌は真っ白になって口内炎のような物がいくつかでき、左頭部の電気が走るようなピリピリっとした激痛に全身まで震えていました。
寝ることも寝返りを打つこともできず、冷やしても痛みが引くことはありませんでした。

いつになったら楽になるのかという不安とただ痛みに耐えるしかなかった。
そして症状が出てから一週間程して麻痺が始まりました。
最初は唇に力が入らず、眉毛の位置が違う程度だったのですが、次第には口がゆがみ始め、うまく喋れなくなり、目が閉じれていないことに気が付きました。

次の日、救急で某市立病院に泣きながら駆け込み、帯状疱疹という診断を受けて、ステロイド療法を開始しました。
最初は薬を飲めば麻痺は治ると安易に考えていたのですが、一週間程は麻痺が進むこと、リハビリをしなくてはいけないことを聞き、ただただ泣き崩れました。

そんな時、娘がネットで帯状疱疹と顔面神経麻痺には鍼がいいという岳ルームのホームページにたどり着いたのです。
一刻も早く鍼を始めることを勧められ、私は少しでも麻痺の進行を止められればという思いで施術を受けることにしました。
当初は、目が閉じられないために顔も髪も洗うことが苦痛で、食事もまともにとれず、加えて一人で歩くことができない程のめまいが始まっていました。

病院での薬を飲みながら一週間、ほぼ麻痺が進むことはありませんでした。
二週目には、水が目に入らなくなり、楽に洗髪ができるようになりました。
何より麺類をすすったり、固形物を食べられるようになったのが、体力回復につながったんだと思います。
三週目、言わなければ麻痺があるなんて分からない程に。鼻もかめるようになりました。

そして麻痺が始まって24日目に某市立病院に診察に行ったら、ビックリされたんです。
「一ヶ月たたないうちにここまで回復するとは、鍼はやっぱり効くんだねえー」と、先生にほめられたことで、私は鍼に救われたことを実感しました。
約1ヶ月目、めまいは多少残るものの、私はほぼ日常生活と笑顔を取り戻しました。

竹内先生は病気のことを本当によく分かっている方なので、つらさを理解してもらえるし、病院で聞き忘れたことなどいっぱい質問し、不安も少しずつ解消して気持ちが楽になっていったのを感じます。

後から重症になってしまった方々の話を聞き、この病気の恐ろしさを知りました。
もしかしたら私も、生活や人生が変わっていたかもしれない・・・。
私の知る人がもし、帯状疱疹、顔面神経麻痺になったら、迷わず一刻も早く岳ルームに連れて行くでしょう。

大野孝子様 56歳 埼玉県草加市 主婦

※お客様の感想であり、効果効能を保証するものではありません。

同じ症状でお悩みのお客さまの声

2度目の再発、ハント症候群が目に見えて回復してきたことが実感できました お客様写真
初めての鍼、通うごとに変化を感じられることが嬉しく、前向きに。 お客様写真
右顔面麻痺の通院中、左顔面麻痺にもなりましたが、ついにこの体験記を書けるところまでやってきました お客様写真