右顔面麻痺の通院中、左顔面麻痺にもなりましたが、ついにこの体験記を書けるところまでやってきました

お客様写真

当時は、退院後、一向に改善せず、手術に踏み切るかを悩んでいる最中でした。

手術をすることにほぼ心が決まっていましたが、最後に自分に背中を押すため、ダメ元でも、なんでもやってみよう、いう気持ちだったため、この院を選んだきっかけ自体にそこまでの重みはありませんでした。(先生、すいません!)

初診当日、それは、手術〆切まで数日と迫った日でした。症状のヒアリング、続いての動きのテストでも当たり前のように動きません。さらに手術の話もしましたが、きっぱりと「しないほうがいい」と言われました

これまで、だんだん良くなる、個人差が、など曖昧な医者からの言葉のオンパレードに慣れていた状態にはとても新鮮、かつおや?これは違うかも?と心が少し動きました

ネットも見てたとは言え、顔面ではなく、そこに通じる手や足などに鍼を打つことに、やはり驚きながらも、言われるがまま、施術を受けました。すると、この1ヵ月、仏像のように微動だにせず、固くなった唇の端が少し、ほんの少しですが、動いたのです!

これにはある意味困りました。手術にほぼほぼ決めていた決心を大きく動かしたからです。では何を重視するか?それは結果、でし。1回の施術でなんらかの効果がでる!と言って頂き、それが事実として、実感してしまった。

そこからは、曖昧なことは言わず、実績と経験からの確かな自信を持たれ、かといって決して尊大でない、快活な先生を信じ、また、日々少しずつでも改善していく症状も励みに、ついにこの体験記を書けるところまでやってきました。

補足ですが、右顔面麻痺の治療中、左顔面麻痺にもなりましたしかしながら、通院中だったため、発症翌日に鍼を打つことが出来、改善は目を見張るもので、3週間ほどで完治してしまいました。

仕事や予定、あるかもしれませんが、すべてに優先して、一度受けてみることを、進めます。絶対、再発は避けたいですが、万が一なってしまったら、どんな重要な会議があっても、楽しい旅行の予定があっても、最優先で院の扉を叩くと思います

M・N 男性 30代

※お客様の感想であり、効果効能を保証するものではありません。

同じ症状でお悩みのお客さまの声

2度目の再発、ハント症候群が目に見えて回復してきたことが実感できました お客様写真
初めての鍼、通うごとに変化を感じられることが嬉しく、前向きに。 お客様写真
施術していただく度に良くなっていくのを感じることが出来たので通うのが楽しみでした。 お客様写真